Diary

写真展「光の色・風の色2」大阪会場

電子書籍

2017年6月の道東フォトスクール



5月28日(日)

春モミジがきれいですね。周りの新緑と合わせてとても色鮮やかに感じます。
こういう場所に役者さんが来てくれたらと思ってみているのですが、なかなか
思うようには行きませんね。この色合いも、すぐに変わってしまうことでしょ
うからこの次はなんていっていられないですし。この雰囲気で青空の中に見ら
れたら、いっそうきれいでしょうね。                  


5月27日(土)

午後から雨。しっかり降っていて、屋根を叩く雨音がけっこううるさいです。
これだけ降っていると、このシウリザクラも雨に当たって散ってしまうかもし
れませんね。一輪だけでしたが、エゾカンゾウも花を咲かせていました。サク
ラ系がひと段落すると、これらは毎週のように花が咲いては変わっていくよう
になりますね。                            


5月26日(金)

今日はカモの子供たちに会うことができました。そろそろ出てくるかなぁと
思っていましたが、やっとです。9羽を確認できましたが、これからほかの
家族も姿を見せてくれてにぎやかになることでしょう。昨日のキセキレイに
続き、お子様ラッシュです(笑)。かわいい子供たちもほかの生き物からす
るとおいしい獲物でもあります。どのくらいが無事に大きく育ってくれるの
でしょうか。                            


5月25日(木)

森を歩いていたらキセイレイがやたらと近づいてきて、威嚇してきました。
もしやと思いしばらく様子を見ていると、近くに巣立ちしたばかりの幼鳥が
親が餌を持ってきてくれるのを待っていました。幼鳥はあちこちに散らばっ
ているようで、親は数回餌を与えては別の場所の幼鳥のところへ行ってまた
餌をあげていて、とても忙しそうでした。これから生きものたちは子育てで
一番忙しい時期になりますね。                    


5月24日(水)

オオサクラソウが見頃になりました。ちょっと釧路へ出てみたら、家のあたり
よりもずっと寒くてびっくりしました。まだサクラも残っているものがあるく
らいですから、けっこう気温違いますね。お目当ての被写体には出会えません
でしたが、いい花に会うことができたのでよかったです。こういったやさしい
被写体を撮影するときは、曇天が似合いますね。             


5月23日(火)

今日も一日すっきりしない天気でした。ただ、暑いよりはこのくらいのほうが
私は過ごしやすいですね。森中を歩いていると、いろいろな小鳥たちの姿が見
られるようになっています。このコサメビタキは人が話しているようなさえず
りをしていて、何を言っているのかは分かりませんが、聞いていると楽しいで
す。ほかにはベニマシコの姿も見られてよかったですね。         


5月22日(月)

エゾリスが芽吹いてきたばかりの若葉を食べていました。きっとまだやわら
かくておいしいのでしょうね。冬の間はまったくこのようなもの食べられな
いわけですから、きっと心待ちにしていたに違いありません。そうはいって
も緑は日ごとにどんどん濃くなっていきます。この時期だけのご馳走をたっ
ぷりと楽しんで欲しいですね。