Diary

電子書籍4冊発売中

冬のタンチョウ撮影ツアー、レンズ貸し出しアリ 募集中

2017年11月の道東フォトスクール



10月11日(水)

この数日、天気の悪いところばかりを移動しているような・・・。光があ
ればもっとイメージどおりに仕上げられるだろうと思うと、残念ですが、
こればかりはどうにもなりません。明日も雨ということで、葉が散ってし
まわないことを祈ります。今朝の気温が2℃くらいだったので、もしかす
ると雪になるかもしれませんね。                  


10月10日(火)

移動の途中でふと気になった景色があったので車を止めてみると、予想しな
かった滝がありました。とくに看板があるわけでもないのですが、いい感じ
のところでしたよ。北海道の観光って景色のよさも大きなポイントですから
こういうところもきちんと見れるように整備していくといいのかなと思いま
した。たいていいい景色があっても思うように車を止められないという場所
ばかりなんですよね。                        


10月9日(月)

そろそろマガンも南へ渡ってしまうと思うので、その前にと慌てて出かけて
みました。今日は晴れという予報も見事に裏切られ、朝は濃い霧。日中もう
っすら日差しがあったものの、結局一番の狙いだった夕日は姿を見せること
はありませんでした。このシーンで夕日が差し込んでいたら狙い通りといえ
たのですが。また来年ですね。                    


10月8日(日)

今朝は雲海が広がり、いい景色を楽しむことができました。こういう景色に
なるときは、家を出るときにドヨンとしているか霧雨が降っていることも多
いので、けっこう勇気がいるのですよね。日の出の頃に低い位置に雲があっ
て日が出てくるのが少し遅れましたが、それでも良かったと思います。何度
も行っているのに、晴れ間が見られていないところもありますから・・・ 


10月7日(土)

もうピークは過ぎてしまっているものの、近くを通ったので寄ってみたらま
だなんとか見ることができました。この場所、どの角度でカメラを構えても
人工物が背景に入ってしまうのが残念なところで、サンゴソウのシーズンだ
けでも人工物が目立たないようになるとうれしいですね。建物などはどける
わけにもいかないのですけれど・・・                 


10月6日(金)

だいぶ平地でも秋らしい景色が見られるようになりました。ススキと夕日を
絡めて撮りたかったのですが、このときは夕日が赤くなる前に雲に入ってし
まい、思うようには撮らせてもらえませんでした。そんな苦戦をしている私
の姿を、エゾシカが興味深そうに見ていました。人間が無害だと思ってもら
えれば、動物たちもけっこう人間に興味があるんですよね。       


10月5日(木)

菊の花にたくさんのクジャクチョウが集まっていました。朝の気温は氷点下
にもなり、花もほとんど終わってしまっているので、こういう花があると自
然と集まってくるのでしょうね。自然の中では食べたくても食べられないと
いう状況が頻繁にあるように思うので、現在の私たちはとても恵まれていま
すよね。贅沢を言わなければ、まず食に困ることはありませんから。