Diary

電子書籍3冊発売中

写真展「光の色・風の色2」大阪会場

電子書籍

2017年8月の道東フォトスクール



8月21日(月)

今日は久しぶりに日中から夕方にかけて晴天が広がって、光のある景色が
見られました。こちらの風景は平坦すぎて絵にならないのところが多いの
ですが、まあ何とかという感じですね。見せる側ももう少し考えてくれる
と観光の部分でも盛り上がるのでしょうけれど・・・。まあ、北海道の観
光なので、仕方ないのかな。                    


8月20日(日)

ちょっと運動不足気味なので、かるくハイキングをしてきました。山頂部で
標高1000mなのでまだ紅葉には早いかと思っていたら、チシマザクラが早々
と色づき始めていました。ただ、葉の状態は良くなくて傷んでしまっている
ものが多かったです。これからの紅葉もこんな風に傷んでしまうのだと残念
ですが、どうなることでしょうか。                  


8月19日(土)

近所のヒマワリ畑、やっと見頃というかすでにピーク過ぎの花も目立つように
なってしまいました。数日前はこれから見頃になると思っていたのに、こんな
にはやく咲いてしまうとは意外でした。花も寒くてはやく咲きたかったのかも
しれないですね。日中は陽射しがさすこともあり、たくさんのチョウが蜜を吸
いに来ていました。キリギリスやツユムシなどバッタ系の姿も良く探してみる
とありましたね。鳥がやってこないかと期待していましたが、そちらはぜんぜ
んでした。                              


8月18日(金)

サクラマスが滝越えたのために跳ねる様子を撮影してきました。今年はずっ
と気温が低いせいで動きがあまりよくないように思います。滝つぼのマスの
数も少ないように見え、遡上している数も少ないのかも知れません。イカの
不漁でイカ飯が値上げになってしまうようですし、サンマの缶詰もちょっと
前から値上がりしています。日本では廃棄になる食料が膨大な量にのぼるそ
うですが、そろそろ生活自体を見直していいのではないかと思います。  


8月17日(木)

はやくお盆休み終わらないかな・・・っていうと怒られてしまうかもしれ
ませんが、中途半端に人が多くて遠征するのもなんだか無駄な気がして近
場をまわっています。でも、天気が悪すぎてどうにもならないですね。東
京でも二週間以上雨が続いたそうですが、光がないと景色の変化も乏しく
なって苦労しますね。この夏って、何日くらい晴れ間があったのだろう?


8月16日(水)

ちょっと陽射しが出てきてくれましたが、もう秋っぽい色合いが増えてきて
いるように思います。モミジも色づいてきているところがあって、まだ8月
なのですが、このままだと秋がどうなってしまうのかという感じがします。
山の上の方はもっと秋が来るのが早いのではないでしょうか。今年も紅葉の
タイミングが難しいように思います。                 


8月15日(火)

またもやすっきりしない天気。ただ、ちょっと空が明るくなり気温もあがって
くると一気にチョウが飛び出します。最高気温は20℃まで行かなかったので、
17℃くらいが昆虫たちの動き出す気温となるのでしょうか。温度計は持ち歩い
ていないのですが、今度調べてみようかな。撮影から戻ってきたら、庭のユリ
にキアゲハも来ていました。そういえば、今シーズンはミヤマカラスアゲハは
たくさん見ていますが、キアゲハは少ないように思います。